私は非常に重い片頭痛持ちでした。

医師がいうには、その片頭痛は日頃の生活から来るストレスや緊張感によって併発しているとのことでした。

原因がわかったところで、それをどのように解決して良いのか全く分からず、ストレスや緊張感を解放するための手段を模索し、悩み続ける毎日を過ごしておりました。

 

片頭痛は頭が割れそうに痛くなるだけでなく、嘔吐や震えなど、さまざまな症状を引き起こし、救急車で運ばれたこともあったので、何とかして治したいと日々考え続けていたのです。

偏頭痛を治したい!キーワードは水分と運動

まず、片頭痛に関してや、ストレスや緊張感をなくす方法を色々インターネットで検索してみました。

検索を続けていくうちに、「水分」と「運動」という二つのキーワードが浮かび上がりました。

 

私はもともと水分を上手く摂れずに、すぐに脱水症状になっていたのですが、朝コップ1杯の水を飲み、日中も1日2リットルを目標に水分を摂ってみる努力をしてみました。

また運動も日頃あまりしていなかったので、朝ラジオ体操やストレッチ、そして1日1時間以上のウォーキングをしてみることにしてみました。

ストレスと緊張に対処したら健康が手に入った

この「水分」と「運動」の生活を続けたところ、全く偏頭痛が起こらなくなりました。

医師にも、この方法を伝えたところ、水分は身体の巡りを良くし、また適度な運動はストレスや緊張感をほぐすにも良い方法だと言われました。

偏頭痛を解消できたこと、またそれと同時に、ストレスの解消法や健康も手に入れられ、良かったと思っております。

 

現在は片頭痛を起こすことが滅多になくなったので、非常に快適な日々を送っておりますが、もしあのままずっと片頭痛に悩まされ続けていたら、毎日頭が痛くて嘔吐を繰り返し、生活の質が確実に落ちていたことでしょう。