飲酒検問

飲酒運転には重々気を付けているつもりでも、意外に残っているのが体内のアルコール。

500mlのビールを3本飲んだとすると、アルコールが抜けるのに10時間くらいはかかるといわれています。しかも、寝ている間は肝臓の代謝が落ちているので、「一晩寝たから大丈夫…」ともいえないんですね。

悲惨な事故が相次ぎ、今後は飲酒運転対策が強化されます。白ナンバーでの業務にも飲酒検査を義務付けられることになりそう。

飲酒の前後や寝る前、朝起きたときなど、アルコールチェッカーを使ってみましょう。酒気帯び運転を防止するには、客観的なデータをとり、自分にはどのくらいの飲酒や時間が適正なのかをきちんと把握しておくことが大切です。

⇒楽天で売れているアルコールチェッカーを見る!

翌日の職場での検査を気にしすぎてお酒を楽しめない人もいるかもしれません。そんなときは個人的にも機器で測定することによって、「このくらいなら大丈夫」と安心して美味しく飲むことができます。

息を吹きかけて呼気中のアルコール濃度を教えてくれる検知器は、ネット通販で購入することができます。3000円から1万円くらいが売れ筋の価格帯ですので、手軽に導入できますよ。

シェアNo.1 業務用アルコールチェッカー ソシアック SC-103

多くの自治体や企業で採用され、運送業界でのシェアナンバーワン。簡単に使えて正確な測定ができると人気なのがソシアックの業務用アルコールチェッカーSC-103です。

・晩酌しながら測定すると数値が上がっていくので飲みすぎ防止になる
・5年使っているが壊れない
・歳をとるにつれアルコールが残るようになったのがわかるので健康管理にもなる
・持ち運びしやすく結果もわかりやすい

⇒楽天で口コミレビューを見る!

信頼のタニタ アルコールセンサー HC−211

精度が高いとの評判で人気があるのがタニタのアルコールセンサーです。

HC−211はタニタならではのプロフェッショナルモデルで、付属のマウスピースに息を吹きかけることで正確に測定できます。マウスピースは替えが付属していますので清潔ですし、別売りセンサーを交換できるので長く使えるのもうれしいところです。

・今まで使ってきた機器よりも正確に測定できていると感じる
・交換センサーがあるので安心して長く使える
・マウスピースが取り外しできるので衛生的(少し面倒くさい)
・夜中に目覚めたときにチェックし、残っていたら水分補給をしています。

⇒楽天で口コミレビューを見る!

プロの業務管理に高性能 藤田電機製作所 アルコールチェッカー FA-900

マウスピースが10本付属。市販のストローでも代用できるので、衛生的で経済的です。

99件のメモリー機能があるのでパソコンに接続しなくても簡単に確認できます。携帯して記録を残せるので業務中の検査にもぴったりです。

・アルコールのニオイだけに敏感。ナンバーワンです。
・アプリをダウンロードするなどの煩わしさがなく使いやすい。
・肝機能の健康チェックにも役立ちました。
・長距離運転のため携帯性がよく機器に記録が残せるので便利。

⇒楽天で口コミレビューを見る!

大型デジタル表示で見やすい フィガロ技研 FALC-21

ストローを差し込んで電子音が止まるまで息を吹き込むだけ。使い方、機能がシンプルなので正確に測定できます。

・操作音の調整ができるところがいい
・使用可能回数が多く、ストローが使えるのでコスパがいい

⇒楽天で口コミレビューを見る!

まとめ

アルコールチェッカーは1000円程度のものから数万円のものまで販売されていますが、人気の機種は1万円前後のものでした。

実際に購入して使っている人の口コミやレビューを読んで、ソシアックやタニタの製品がおすすめと感じました。

特にソシアックはSC-103、SC-402、最新機種のソシアックX SC-202などたくさん出ていますので、ぜひチェックしてみてください。

⇒楽天で【ソシアック アルコールチェッカー】を見る!